PMTCとは~歯のクリーニングで虫歯・歯周病予防~

鬼塚デンタルクリニックが行う、PMTCの流れをご案内いたします。
PMTCを行う前に、まずお話をうかがいます。
お口のことだけではなく、日常生活や体調の変化がないかどうかうかがいます。
そして、虫歯がないかどうか、歯茎の状態はどうかなどお口の中をくまなくチェックします。
チェックが終わったら染め出しを行います。
この赤い液を使うことで歯垢を染め出します。
歯垢はプラークとも言い、実は虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊なのです。
こちらの赤く染まった所が歯についた歯垢です。
染め出しを行うと一目で磨き残しがわかるのでご自身の歯磨きの弱点や、クセを見つけることができます。
普段は見ることのできない歯の裏側も、合わせ鏡を使って見ていきます。
こちらは奥歯の裏側です、こちらは前歯の裏側です。
次に歯磨き指導です。
ご自身の歯磨きを見直し、弱点やクセを正します。
また、歯磨きに対する不安や疑問にもお答えします。
それでは、歯と歯の間からクリーニングを始めましょう。
こちらのピンク色の器具で歯と歯の間のお掃除をします。
この器具は、キツツキのような動きをします。
器具の断面は山形をしていて、歯茎を包み込むようにして歯と歯の間のお掃除をします。
実際の動きをご覧ください。
フッ素入りのペースとを歯と歯の間に入れ、この器具を動かします。
こちらのブルーの器具もキツツキのような動きをします。
ヘラのような形をしていて、この器具は歯と歯の間の広い所に使用します。
なぜ、歯と歯の間から始めるかというと、ここが一番磨きにくいところ、つまりここは虫歯や歯周病になるリスクの高い所だからです。
次に歯の正面のお掃除をします。
歯の表面にはこのようなカップ形の器具を使います。
このように回転しながら歯を包み込むようにして、歯の表面についた歯垢を落とします。
この先の尖った器具はカップで落としにくいところや、窪みのあるところに使用します。
こちらのブラシは、このように回転して歯垢を落とします。
このブラシは、固くこびりついた歯垢を落とすのに使います。
ブラシにも先の尖った形のもがあり、こちらで歯の噛む面の溝を磨きます。
歯の表面の全ての歯垢を落とし終えたら、デンタルフロスで、歯と歯の接触点のお掃除をします。
また、歯と歯の間に入り込んでしまった研磨剤の除去もおこないます。
これでクリーニングは完了です。