歯医者が比較評価する子供用歯磨き粉

子供用の歯磨き粉をいろいろ買い揃えてみました。
先ほど他でもうがい薬の説明とかこっちの説明をやった動画とかありましたが、今回は歯磨き粉を一通り買い揃えてみたものの説明をしていきますよ。
結構複雑なんですね、大人ともちょっと違うので。
まずはですね、CPCの殺菌剤が入っているっていうのがこのG・U・Mですね。
あとこの6ヶ月の赤ちゃんから使えるやつにもCPC入ってるんです。
この2つが塩化セチルピリジニウム殺菌剤成分が入っています。
フッ素は全部入っています。
これ、さっき説明他でもしましたけれども、信じられない人たちに、6ヶ月頃から使用できますよ、っていうママは僕の歯医者さん。
口ゆすがなくてもいいです、水ですすぐ必要ありません、殺菌剤も入っています、GK2っていう歯茎の炎症を抑える薬も入っています。
凄いですね、だからさっきこれはこれで説明しました、もちろんうがい薬もありますよ。
クリニカも有名ですね、うがい薬もありますよ。
これも皆CPC殺菌剤、うがい薬子供用、うがい薬の説明動画も他にあります。
キシリトールが入っているのは、クリニカからこっち側。
クリニカはフッ素とキシリトール配合、裏にキシリトールって出てます。
もちろん有名なキシリデント、これ味わかりにくそうですがぶどう味なんですよ。
美味しいですよ、ぶどう味です。
クリアクリーンもフッ素とキシリトール配合です、クリアクリーンは歯に着色が気になるお母さんとかいれば、クリアクリーンはツブツブで有名ですよね。
これだけは、顆粒が入ってる。
クリアクリーンってツブツブで有名ですけど、キッズ用でもツブツブ入ってる。
でもソフト顆粒って書いてあるくらいソフトなので、うちの子も使っていますが、4歳7歳います、使っていますがそんなに問題ないです。
そんなにっていうか全く問題ないかな。
多少茶渋取れます。
こっちはもっとクリーミーですね、クリーミーです。
キシリトール入っているとカルシウム補助剤、キシリトールについてカルシウム補助剤で出てます。
カルシウムを吸収することによって石灰化、もちろんフッ素はどこも入っていますけれども、フッ素っていうのも再石灰化っていってフッ素ですよ。
プラスキシリトールが入ってますよ。
これ会社ね、ライオンですよ、花王、花王、ライオン、ライオン、ライオン、サンスター、サンスター、これはアースですけどね。
別の会社かと思ったら結構同じ会社でもフッ素入っていたり殺菌剤入っていたりキシリトール入っていたり入っていなかったり、顆粒が入ってたり入っていなかったりとか色々。
同じ会社でも違ってるんです。
あと研磨剤入っていないのはこれ、ジェルですから、透明なジェルなので。
歯医者さんで売っているチェックアップの歯磨きジェルも研磨剤入っていません。
口の中に塗布してもいいですっていうやつですね。
僕の歯医者さん、これ6ヶ月の赤ちゃんから使えるっていうやつですね。
人気ですね、赤ちゃんホンポでよく売っていますね。
ジェルなんです、その代り歯に着色がちょっとついちゃうかも。
着色が気になるんだったらさっき言っていたクリアクリーン、まぁそういう違い。
こっちはもっと歯磨き粉がみんな白いです。
みんな、これフルーツ味とかぶどう味とか色々ありますけど、でもね研磨剤入っているって言ったって触ったって大人のクリアクリーンの大人のやつとかみたいにザラザラザラザラっていう感じじゃないです。
ホワイトニング歯磨き粉みたいに、もっとこうクリーミーです、ハンドクリームみたいに。
ちょっとだけ入っているくらいです、こっちは。
だから別にそんなに、ただとにかくこっちのこれはうがいしなくていいですよ、塗布しちゃっていいですよ、6ヶ月でも使えますっていうのがこれね。
こっちは普通に、歯磨きして僕だったら子供たちはお風呂場で歯磨きした後、ちっちゃいうがいできない2歳の子供とかだったら歯磨きした後口にシャワーでじゃーっとうがいして、お風呂場で一緒にうがいさせて、それで歯磨きさせてました。
そんな感じです。
今はもう4歳、7歳は普通に洗面所でうがいしてますけどね。
このしまじろうは、フッ素が入っているんだけどパラチノースっていう補助剤でキシリトールじゃないんですね。
アンパンマンはフッ素、どこでも売っていますよね。
フッ素とキシリトール、これもフッ素とキシリトール、これもフッ素とキシリトールでちょっと顆粒入ってる、こっちはCPC、この2つはCPCで殺菌剤が入っている、フッ素入ってる、みんな全部フッ素入ってる。
衛生士さんとか歯医者さんの同業者でも、こんな動画見たことないって言われますけども、結構衛生士さんからも好評ですね、勉強になるというか。
お母さん方も、いちいちどれがいいのかな何がいいのかなってなりますけどね。
あとはもちろん、味はいいですから、使いやすいですね。
これ1つずつ使ってたら、どれが1番いいんだってことは別にないです。
ただ、赤ちゃんだったら使えるのはこっち、確かに赤ちゃん使えますね。
あとはうがいがきないとかなんとかって言っても、お風呂場で結構一緒にやったら使えちゃう。
とにかくフッ素が取り込まれると歯が固くなってくってことで。
濃度は、フッ素濃度はこれ136って言って凄くPPMF、うっすいです。
こっちが950PPMで、普通の大人の歯磨き粉と同じくらいのフッ素濃度ですね。
あとは歯医者で塗るフッ素っていうのは9000っていって、9000PPMF普通の歯磨き粉の10倍濃い、だから歯医者さんでよくフッ素塗りましょうとか言って、あれは濃いんです。
こっちは日々薄いんです、一番薄いのがこれです、研磨剤が入ってません、透明なジェルです。
こっちは研磨剤入ってたり、あとはもういろいろ裏側に色々書いてありますけれどもね。
とにかくまずは色々試してみるっていうのはあるんですよね。
あとは味も色々、メロン味、グレープ味好きな子が多いですね、だから今グレープ味が多いです。
イチゴ味、メロン味、ぶどう味、ぶどう味がすごく人気ですね。
これから先どうなるかわかりませんが、色々ありますね。
うがい薬まで出ている世界になりましたが、色々やってみてください。
あとは先ほど他の講習でも、口臭気になるっていうのでべろっていうのもありましたが、べろを磨いちゃうっていうのは、子供の場合はあまりしないでいいと思います。
大人はべろ磨きっていう歯ブラシまで売ってたりしますけどね。
まぁそういう感じですね。