歯ぎしり改善トレーニング顎関節を整える!

にしくん:はい、皆さんこんにちは。
トバン:こんにちは
にしくん:今日はですね、歯ぎしり改善。
トバン:歯ぎしり改善のトレーニングをやっていきたいと思います。
にしくん:了解です。
では早速そちらをご覧ください、どうぞ。
トバン:それでは歯ぎしり改善トレーニング行っていきたいと思います。
歯ぎしりってどうです?
にしくん:僕は結構歯ぎしり悩まされてる感じなんですよね。
トバン:歯ぎしりってストレスがある方はやっぱり凄くなりやすいです。
にしくん:ギクッですね。
トバン:でも歯ぎしりって凄く大事なことなんですよ。
でもそれがいきすぎるとやっぱり歯疲れたり、口が疲れて朝開きにくいとかいうこともあるので、改善のトレーニングやっていきたいと思います。
まず、口を、歯を5ミリくらい引っ付かないように5ミリくらい開いて、この5ミリくらい開いた状態から、下の顎を思いっきり出す。
この状態でまず右に出しましょう、右に動かす。
続いてこの状態からゆっくり左に動かす。
これを10回やっていきたいと思います。
口を5ミリくらい、歯と歯の間が5ミリくらい、この状態で前に出す。
じゃあゆっくりいきますね。
まず、右からサンハイ、1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20はい、OKです。
ここまで一応10往復やってます、どうです?
にしくん:この辺に力が入りますね。
トバン:だからここしっかりトレーニングすることによって夜の歯ぎしりもなくなります。
にしくん:なるほど、寝る前にやったらいいのかな?
トバン:寝る前にやってください。
そうすることによって朝凄く口が疲れたとか、開きにくいとかで悩んでいる方多いと思うので、これ改善しますので是非やってみてください。
にしくん:僕らも治療しててこのへんが凄く緊張しているかたっていうのが歯ぎしりされる方多いので、今の運動は結構このあたりや、顎関節をしっかり動かしているのが意識できたのでおすすめだと思います。
今日はシュールな動画でしたけれどもね。
トバン:変顔みたいな感じです。
ふざけているわけじゃありません、トレーニングしてます。
にしくん:トレーニングしてます。
トバン:ふざけてました、すみません。
ということで皆さんも是非やってみてください。
ということで、これで歯ぎしり改善のトレーニング皆さんもやってみてください。
それでは、さようなら